読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親が子供を不合格にさせる

 

 

 

 

こんにちは!

 

りょうです!

 

 

 

 

 

「あなたは今すぐに

高校受験のシステムに関して

お子さんに今すぐ的確に説明できますか?」

 

f:id:mr-bb0914:20170306164804p:plain

 

 

 

実は、

 

この質問を私の塾の三者面談にて投げかけて

「はい。説明できます」

 

 

と答えられた親御さんは

10人にひとり程度しかいませんでした。

 

 

 

「受験するのは

私じゃなくて本人だから」

 

 

これがよく見られる

親御さんの考えです。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170306021239p:plain

 

 

 

 

確かに、

受験を受けるのも

勉強をするのも

 

お子さん本人です。

 

 

 

しかし、

ご家庭において、

お子さんの進路を相談するのは誰ですか?

 

 

 

お子さんとあなたですよね。

 

f:id:mr-bb0914:20170306021625p:plain

 

 

 

つまり、

あなたもお子さんの進路選択に足して

大きな影響力を持つ一人なのです。

 

 

 

にもかかわらず、

もしあなたが高校の入試制度に関して

一切の知識を持っていなかったら

 

お子さんはどのように感じるでしょうか?

 

 

 

「不安」

 

 

お子さんのこの心情を

ますます大きくさせていくことになります。

 

f:id:mr-bb0914:20170306055840p:plain

 

 

 

 

お子さんにとって

最も頼りになる存在は

あなたなのです。

 

 

しかし、そのような立場にいるあなたが

「受験に関してはあまり知らない」

という状況では、

 

お子さんからの信頼を

簡単に切ってしまっている

ということになります。

 

 

そうした小さな不安があだとなり

お子さんの受験が

 

不合格

 

ということにまでつながっていくのです。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170306044354p:plain

 

 

 

逆に、

あなたが高校受験に関して

詳しく説明できるという状況であると

 

お子さんは安心して

あなたに頼ることができますよね。

 

 

 

あなたのお子さんはまだ中学生なのです。

まだまだ心身ともに

未熟な点だらけです。

 

 

そんな環境で、

「母(父)は信頼できる」

という状況を作ってあげることは

 

 

お子さんが安心して

かつ

集中して

 

勉強に取り組むことのできる

大きな要素になります。

 

 

結果的に

お子さんの勉強がはかどっていき

順調に偏差値を上げ、

 

 

 

第一志望校合格

 

 

という結末を迎えることになるのです。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170306164851p:plain

 

 

 

 

これほどに、

あなたが高校受験の制度に関して

知っているか知っていないか

 

ということは

大事なポイントになってくるわけです。

 

 

 

 

さて、

 

ではここからは

都立高校受験の最新の制度について

ご説明していきますね。

 

f:id:mr-bb0914:20170306200926p:plain

 

 

 

 

 

 

 

東京都立高校の入試制度

 

 

都立高校の入試は大きく分類すると、

「推薦入試」「一般入試」に分けられます。

 


普通科

募集定員が男女別に決められていますが、

 

 

専門学科

総合学科

普通科のコース制・単位制は

 

男女合同の選抜となっています。

 

 

推薦入試について     

都立高校の推薦入試は、

いわゆる学力テストがなく

 

 

一般入試に先んじて

1月下旬

に行なわれるため

 

 

人気が高く

非常に狭き門となるケースが多いようです。

 

 

推薦入試には

 

「一般推薦」文化・スポーツ等特別推薦

があります。

 

 

都立高校の推薦入試の募集人数は、

普通科で募集定員の20%(コース制30%)まで、

 

 

専門学科総合学科などでは30%(商業科は20%)まで

となっています。

 

 

都立高校の推薦入試は

どのような方法で選抜されるのか、

選抜に用いる資料や選抜方法について説明します。

 

 

   ●面接・集団討論   
全校で
個人面接集団討論
実施されます
 
(エンカレッジスクールは個人面接のみ実施)。 
 
 
 
 個人面接の時間や面接官の人数などは
各高校によって異なります。 
 
 集団討論の実施方法も
各校様々ですが、 
 
 
受験生5~6名で30分程度
の学校が多いようです。   
 
 
 
 
 
 
 
 
●作文・小論文・実技などの検査

面接・集団討論の他に、
作文・小論文・実技などの検査から
1つ以上実施されます。  
 
 
どの検査を実施するかは各高校によって異なります。

 

 

調査書個人面接及び集団討論、

 

 

作文小論文実技等の検査は、

各学校が定めた基準により点数化され、

 

その合計点(総合成績)によって選考されます。

 

 

 

その際、調査書点の

総合成績に占める割合の上限は

50%までとなっています。

 

 

 

各学校により

調査書や検査の配点は異なります。

 

 

以前はほとんどの学校で、

調査書(内申点)の割合が

高い推薦入試の選抜でしたが、

 

 

 

 

現在は

 

調査書の配点の割合が

全体の50%までとなっています。

 

 

また、どの高校でも面接・集団討論のほか、

作文や小論文・実技などの検査が

必ず実施されるようになっています。

 

 

これらの検査の結果が

配点の50%以上を占めているため、

事前の準備を十分にしておけば、

 

内申をカバーでき、合格のチャンスは広がってきます。

 

 

 

 

 

 

一般入試    

都立高校の一般入試は

学力検査点調査書点

合計した総合得点順に選抜されます。

 

 

 

全日制課程の場合、

原則として学力検査点は700点

調査書点は300点

 

総合得点は1000点満点です。

 

 

面接や実技を実施する学校では

さらにそれらの得点も

加えた総合成績順に選抜されます。

 

 

1. 調査書


3年次の9教科の評定を使用し

下記のように調査書点を算出します。

 

 

① 換算内申を算出
   入試科目である5教科はそのまま積算し、実技4教科は2倍します。換算内申を算出

 

※従来実技4教科を

1.3倍していました(51点満点)が,

 

平成28年度入試から

上記のような計算方法に変更されました。

 

 

② ①で算出した換算内申を300点満点に拡大
換算内申を300点満点に拡大2. 学力検査

 

 

学力検査は

5教科(国語・数学・英語・社会・理科)で、

各教科100点満点です。

 

 

5教科合計の得点を

700点満点に拡大した数値が

学力検査点となります。

 

 

換算内申を700点満点に拡大

※以前は一部の学校が

3教科入試(国語・数学・英語)を行っていましたが、

 

 

28年度より

全日制課程は原則として

全校が5教科入試となりました。

 

 

また、学力検査と内申の比重についても、

全校が7:3に統一されました

 

 

 

(以前は「7:3」「6:4」「5:5」「4:6」の中から各校が選択)。 

定時制課程の入試科目は

3~5教科の間で各校が選択、

 

 

 

学力検査と内申の比重は「7:3」または「6:4」の

いずれかを各校が選択しています。

 

 

入試問題は

基本的には全校共通ですが、

 

 

国・数・英の3教科

独自の問題で行う

グループ作成問題実施校もあります。[グループ作成問題実施校]

 

 

進学指導重点校 日比谷・戸山・青山・西・八王子東・立川・国立
進学重視型単位制高校 新宿・墨田川・国分寺
中高一貫教育 大泉・富士・白鴎・両国・武蔵

 

 

各グループ内は

基本的に同一の問題ですが、

一部各校独自の問題に差し替えられることもあります。

 

 

 

 

3 各校独自の検査(面接・作文・小論文・実技など)

 

 

一部の高校で実施されます。

実施する場合は、

点数化して合計点に加えられます。

 

 

 

 

都立高校の選抜は

学力検査点調査書点の合計点(総合得点)

で行われます。

 

 

 

 

実際の入試と同じ計算方法で

判定を行う都立Vもぎで

合格の可能性を確認すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の内容は以上になります。

本日は「親が高校受験について

知っていることの重要さ

 

についてお話してきました。

 

 

今回の記事も

ここまで読み終えたら

今すぐに右クリックにて「印刷」を選択

 

f:id:mr-bb0914:20170306201451p:plain

 

 

または

 

携帯の方は

スクリーンショット

をしてくださいね。

 

 

 

何度も言いますが、

あなたが高校受験の情報に関して

何も知識がないと

 

 

結果的にお子さんの

高校受験の

第一志望校不合格にもつながります。

 

 

一方で

 

あなたが高校受験の情報に関して

最低限、上記に書いたような情報を

知っていれば

 

 

 

結果的に

お子さんの合格率は上がります。

 

 

 

f:id:mr-bb0914:20170305180647p:plain

 

 

 

上に書いた

高校受験の制度について

あなたが理解するだけで

 

お子さんの合格率が上がる

ということです。

 

 

 

こんなに簡単なことなので

今すぐにこのページを

印刷してくださいね。

 

 

 ここまで読んで頂きありがとうございました。