読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を振り返り、一生、後悔し続けましょう!

こんにちは!

 

りょうです。

 

 

 

あなたは、過去に

思い出したくもないような嫌な思い出がありますか?

f:id:mr-bb0914:20170305024159p:plain

 

 

 

 

 

もちろんあると思います。

私も数多くあります。

 

 

 

 

 

そしてよくこう言われませんか?

 

「過去を振り返るな!

今と未来を考えろ!」

 

と。

 

 

 

確かに人生においては

そういった意識は必要なのかもしれません。

 

 

 

一方、受験や勉強においては

まったく逆の話になります。

 

 

 

「過去にとらわれ続ける人が

ずっと得をしていくということです」

 

 

勉強 画像 に対する画像結果

 

 

 

 

そんなことがあるのか?

そう思われる方は数多くいらっしゃると思います。

 

 

 

なぜ、勉強においては

過去にとらわれたほうがよいのか

ということに関してお話していきますね。

 

 

 

 

勉強を

「予習」と「復習」

 

の二つに分類したとき、

二つの割り合いはどれくらいが適切でしょうか。

 

 

 

正解は

 

「予習」

 

「復習」

 

 

です。

 

 

 

 

 

人間は一度学習したことは

一日後には74%忘れてしまうということについては

二つ前の記事にてお話ししました。

 

f:id:mr-bb0914:20170305163737p:plain

 

 

 

 

 

 

ここからもわかる通り、

勉強は、

 

 

正解したことも

間違っていたことも

 

復習しないと

絶対に点数には結びつかない

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

予習なんていうものは、実は

勉強においてはそんなに大事なものではありません。

 

 

 

それよりも、一度やったことを

何度も何度も繰り返していかなければ

 

 

一日の勉強時間や集中力がどんなに向上しても

 

・偏差値

定期テストの点数

・全国順位

 

これらが上がっていくことはまずありません。

 

 

 

それほどに「復習」とは

大切なことなのです。

 

 

 

f:id:mr-bb0914:20170305211554p:plain

 

 

 

 

私の塾では、

復習に関してある方法を実践しています。

 

 

 

その名も

「音読法」

です。

 

 

 

たとえば、英語の問題集があったとします。

 

その解いたところを

問題文もすべて含めて

最低でも一週間、毎日、

 

 

朝起きた時と

夜に寝る前

 

の10分間を使い、

音読させるのです。

 

 

 

なんと、一週間後には、

問題文の初めの2字~3字を言っただけで

 

 

それがどういう問題だったか

そこはどういうような答え方をすべきか

 

まで完全に思い出してしまうのです。

勉強 画像 に対する画像結果

 

 

 

 

この方法を使うことにより、

私の塾では、数学と国語以外の暗記系科目に関しては

ほぼ全員が模試で満点近くを取っています。

 

 

 

なぜ、この「音読法」を使った復習が

最も効率が良いのか

ということの理由は二つあります。

 

 

一つは、

寝る前という最も記憶に残りやすい時間と

朝起きてすぐの何も頭に入っていない状態

 

という最適な状態を最も効率よく

使っているからです。

 

 

 

 

もう一つは、

音読という作業そのものの強みです。

 

 

音読とは、

 

1・目で見たことを理解すること

2・その理解したことを声に出すこと

3・自分で発した声が耳から入りそれを理解すること

 

 

という三つの作業を凝縮している作業になります。

 

つまり、声に出して読むということが

ただの黙読の学習に比べて

 

はるかに学習効率が良い

ということになります。

 

 

 

たった声に出して読むという作業が

ここまで効果を持っているということは

驚愕の事実ですよね。

 

 

 

 

ぜひ、このブログを読み終えたら、

お子さんに対し、

最近やった問題をすべて公開させてください。

 

 

 

そして朝と夜に必ずあなたの聞こえる範囲のところで

やった問題を音読させる習慣をつけさせてください。

 

 

 

この復習法により、

あなたのお子さんの暗記物の点数は

確実に飛躍的に上昇していくはずです。

 

 

 

そのためにはまず、

お子さんとあなたの二人で音読計画を立てることです。

 

たとえば、最初の一週間は

社会の教科書のP1~P30まで

といったようなことです。

 

 

そして音読計画が進んでいくごとに、

何か小さなご褒美を用意しておくと

さらにはかどっていくはずです。

 

 

 

 

この方法を今すぐ実践して、

最高の効率でお子さんの勉強を進めてあげてください!

 

合格 に対する画像結果

 

 

 

今回は以上になります。

 

今回は「復習の大切さ」と

「復習の際の最も適した方法」について

お教えしました。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。