読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一志望校合格を最後の最後で助けてくれるのは実は〇〇!?

こんにちは!

りょうです!

 

 

 

突然ですが質問です。

 

 

あなたのお子さんの学校の成績は

良いですか?悪いですか?

 

f:id:mr-bb0914:20170305153416p:plain

 

 

 

私の塾ではこんな女子生徒がいました。

 

 

 

彼女は、

都立の難関校のひとつである

 

都立 立川高校

 

が第一志望でした。

 

 

 

 

しかし彼女は

体が弱く

体調を崩しやすいタイプでした。

f:id:mr-bb0914:20170307172951p:plain

 

 

 

 

 

そのため、

予定していた勉強も

うまく進まず

 

成績は一進一退を繰り返し

結果的に偏差値を

大きく伸ばすことができませんでした。

 

 

その上、不運なことに

立川高校の倍率がその年は

例年よりも高かったのです!

 

 

 

しかし、

それにも関わらず、

彼女は

 

 

難関校である

 

都立 立川高校

 

合格することができたのです。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170307173040p:plain

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

彼女のこの「合格」に

ある決定的なポイントがありました。

 

 

 

それは

 

調査書点

 

です。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170307173127p:plain

 

 

調査書とは

中学校の成績

ということですね。

 

 

つまり、彼女は

日ごろから最低でも

 

学校の成績

 

だけには細心の注意を払い

定期テスト提出物などを

ほぼ完璧にこなしていたのです。

 

 

 

その結果、

入試当日点はボロボロでしたが

難関校に第一志望合格を修めてしまったのです。

f:id:mr-bb0914:20170306164430p:plain

 

 

 

 

後からわかりましたが、

やはり彼女の入試当日点はすべて

平均点以下でした。

 

 

しかし、そんな差も

学校の成績でカバーでき、

第一志望に合格してしまったのです!

 

 

 

 

ここから見てもわかるとおり、

お子さんの第一志望校合格を

最後の最後で助けてくれるのは

 

 

調査書

 

 

つまり、

 

 

学校の成績なのです!

 

 

 

 

 

では学校の成績が悪かったら

もうどうしようもないのか

 

 

 

いいえ、そのようなことはまったくありません

 

 

 

むしろ、成績が悪いということは

成績を上げやすい

ということになります。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170306164345p:plain

 

「???」

 

こう思いますよね。

 

 

しかし、

これは本当のことです。

 

なぜなら中学三年生になると

学校の先生は

お子さんの成績が少しでも良くなると

 

 

調査書の内容を

大きく改善してくれるのです!

 

 

f:id:mr-bb0914:20170307173300p:plain

 

 

これはもちろん

一般的には公開されていない事実なので

私の塾でもあまり大きな声で言ってはきませんでした。

 

 

 

 

しかし、

 

実際に知り合いの中学校教師から、

これを聞いたときには

私も非常に驚きました。

 

 

 

とにかく、

あなたのお子さんが現状成績が悪い

ということでしたら

 

それはまさしく

大きなチャンスです!

 

 

今すぐ学校の成績を上げてあげましょう。

f:id:mr-bb0914:20170305211554p:plain

 

 

 

「そんなことを言われても...」

 

という感じですよね。

 

 

しかし、

お子さんの学校の成績を上げるために

最も簡単な方法があります!

 

 

それは、

平常点を上げるということ、

 

言い換えるならば

 

 

「先生に好かれるようにする」

 

 

ということなのです。

 

f:id:mr-bb0914:20170307173425p:plain

 

 

 

ちょっと

汚いことのように聞こえるかもしれませんが

 

実際にどこの進学塾でも、

学校の成績を中三から上げる最終手段として

使われている手なのです。

 

 

 

まず、前提として、

 

 

平常点=先生からの好かれ具合
 
ということをおさえてください。
 
 
 

 

ここで、衝撃的な事実を伝えます。

 

通知表を見ると、
「関心・意欲・態度」

という観点があるかと思います。

 

 


ここがいわゆる平常点と言われる部分です。

 

 

ノートの点数授業態度発言の回数な
決まります。

 

 

で、この部分なのですが、

50%以上
先生からの好かれ具合で決まってしまします。

 

 

というのも、

このあたりはテストではないので、
全て先生の直感で点数化されます。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170305180134p:plain

 

同じノートの質だったとしても、

ある子はA評価、
ある子はB評価が付くことも多いのです。

 

 

その違いは何かというと、

先生からの好かれ具合なのです!!!

 

 

先生も人間です。

 

いつも協力してくれる子には、
おのずと甘い評価

をつけてしまいます。

 


いつも悪口ばかり言う子には、
おのずと厳しい評価をつけてしまいます。

 

 

ですので、

先生から好かれる

という意識をもつことで、

 

成績を簡単に上げることができるのです。

 

 

 

さらにもう一つ大切な要素があります。
 
それは
親の印象も関係する

 ということです。

f:id:mr-bb0914:20170307173521p:plain

 

 

 

 

一番大切なのは子供の評価なのですが、

実は親の評価も多少なりとも関係してきます。

 

 

 

例えば

 

毎回苦情の電話ばかりする親がいたとき、
先生はどうしても

その子に対する評価が下がります。

 

世間で悪いことをした人がいたとき、
その両親も叩かれるのと同じ原理です。

 

 

もちろん

間違っていることはきちんと伝えればいいのですが、

 

そのときに感情的に伝えてしまうと、
先生から悪い印象をもたれてしまいます。
そしてそれは子どもの評価に繋がってしまいます。

 

 

 

ですので、

何か学校に伝えるときは、
冷静な態度で伝えるようにしましょう。

 

f:id:mr-bb0914:20170307173556p:plain

 

 

 

続いて、実際に何をすれば

平常点が上がっていくのか

という点について

 

お話していきますね。

 

 

 

 

まず、ノートですが

ノートは綺麗な字と色を使えば完璧
ということをお子さんに伝えてあげてください。

 

 

ノートはとにかく

 

字の綺麗さと、

色を使っているかどうか

で点数が決まります。

 

 

この2点を意識すれば

点数は上がります。

 

f:id:mr-bb0914:20170305170753p:plain

 


ただ、ここでさらに

ノートの評価を上げるための秘訣

に関して一つお教えします。

 


それは、

ノートの最後にちょっとした先生への
メッセージを書いてみてください。

 

 

「先生、今回のテストはいつも以上に頑張るので、
見ていてくださいね!!」

という感じです。

 


「先生、成績を上げてください!」

と書くのではなく、

 

「先生、私頑張りますよ!」

というメッセージを書きます。

 

 

これを書くことによって、
先生はお子さんのことを思い出します。

 


先生は100%の確率で

よい印象の出来事を思い出します!

 

たった1行加えるだけで、


ノート点が20%くらいアップすると思ってください

 

 

f:id:mr-bb0914:20170307173748p:plain

 

 

 

 そしてもう一点です。

 

 

それは

ノートには写真を貼ったり、

図を描いたりさせてください。

 

 

 これには二つのメリットがあります。

 

①ノート点がアップする

 

あまりノートを工夫しすぎるのは時間の無駄にもなるのですが、
もし、もうワンランク上のノート点をとりたいのであれば、

 


ノートに写真を貼ったり、図を書いたりしてみましょう。

これだけでさらに見やすくなって

点数アップに繋がります!
  

f:id:mr-bb0914:20170307173831p:plain

 

 

 

②イメージで覚える効果がある

 

人間が物事を暗記するとき、

文章で暗記することに加え、
写真や図などのイメージで

暗記をするとさらに早く覚えられます。

ノートに写真を貼ったり、図を描いたりすることで、
より頭に入りやすくなるというメリットもあるんです!

 

 

 

 

 

 

続きまして、

授業態度をアップさせるコツ

についてです。

 
 

 

授業態度の9割以上は、

先生からの好かれ具合です。

 

 

ですので、
先生から好かれることができれば、
おのずと点数アップします!

 

 

一つのコツとして、


「間違えてもいいから積極的に発言する」
という行動が大切です。

 

f:id:mr-bb0914:20170307173917p:plain

 

 

積極的に発言することで、

 

先生は、

「この子は俺の授業が楽しいんだな」

と感じます。

 


すると先生からの評価がアップして、

授業態度点もアップします。

 

 

絶対にやってはいけないのは、

適当に発言することです。

 

 

こういった発言をすると、

「こいつは俺の授業を邪魔するのが好きなんだな」
という悪い評価を受けてしまいます。

 

これはマイナスです!!

 

f:id:mr-bb0914:20170306031127p:plain

 

 

ぜひ、

 

お子さんには

「一日最低一回」

先生に質問させるようお伝えください!

 

 

 

 

今、このようなことを

考えなかったですか?

 

 

 

「うちの子が授業中に質問なんてできるの、、、?」

 

 

そのようなご心配を

持たれるのでしたら

もう少しハードルを下げてあげることもできます。

 

f:id:mr-bb0914:20170306031551p:plain

 

それは、

「授業以外の時間に先生に

授業の内容について質問しに行く」

 

ということです。

 

 

これを行わせるだけでも

 

先生に

「自分の授業を

しっかり聞いていてくれたんだな」

 

と思わせることができます!

 

これだけでも

平常点をしっかり上げる要素になります。

 

 

 

もしあなたのお子さんが

内気な性格なのでしたら、

ぜひ、この方法だけでも実践させてあげてくださいね!

 

f:id:mr-bb0914:20170305211554p:plain

 

 

 

 

ここまで

「平常点を上げる秘訣」

に関してお話してきました。

 

 

そしてここまで読み終えましたら、

あなたはこれから毎日、

お子さんが学校から帰ってきたら、

 

 

「お子さんのノートを見る」

ということを実践してください。

 

 

 

そしてノートを見たら、

まずは必ず褒めてあげてください。

 

 

これで、

 

「ノートを書くということだけで

自分を認めてくれる人がいる」

ということを意識させるのです。

 

 

 

これだけでもお子さんのノートの内容は

徐々に改善されていきます。

 

f:id:mr-bb0914:20170306060239p:plain

 

 

 

ぜひ中学三年生のお子さんを持つあなたは

 

今からでも学校の成績を

上げることは十分できますので

実践してくださいね。

 

 

 

そしてこうした取り組みは

現状お子さんの成績が悪くても

高校入試の際の調査書の内容を改善していき

 

結果的に

お子さんの第一志望校合格というところまで

大きく影響させることができます。

 

f:id:mr-bb0914:20170306021720p:plain

 

 

逆に、

 

このような調査書の内容を

改善させていく取り組みを

一切行っていかないと

 

 

結果的に第一志望校の合格率を

上げていくことは難しくなります。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170306044354p:plain

 

 

 

まずはあなたの

「お子さんのノートをチェックする」

という行動だけで良いので

 

必ず今日から

実践してくださいね。

 

 

 

今回の内容は以上になります。

 

本日は、

「調査書の影響とその上げ方」

についてご説明しました。

 

 

ここまで読んで頂き

ありがとうございました。