読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験に落ちるためには...?

どうもこんにちは!

 

りょうです!

 

 

 

あなたはこんな経験がありませんか?

 

「しっかり勉強したのに試験に落ちた」

または

「子供にちゃんと勉強させてたのに不合格だった」

 

f:id:mr-bb0914:20170305170753p:plain

 

 

 

 

断言しましょう。

その「しっかりと」「ちゃんと」

 

勉強における「しっかりと」「ちゃんと」

の意味とは違っているのではないでしょうか?

 

 

 

もっとわかりやすく言うなら、

あなたは

「しっかり勉強する」

「ちゃんと勉強する」

 

の本質的な意味を本当に理解していますか?

 

 

もしあなたが

上記の意味を3秒以内に答えられないならば

危機的状況であると考えてください。

 

 

 

いつまで経ってもお子さんは勉強をせず、

結果的に昔の私と同じような

「行ける公立高校がどこもなくなってしまいます」

 

 

逆に、その意味をよく理解したうえで

子供の受験勉強を支えていくと、

簡単にお子さんの勉強週刊がつき

 

 

第一志望校であった高校よりも

もう一つさらに上のランクまで目指せるような

学力まで養成することができます。

 

 

 

 

 一つ問題を出しますね。

 

A君はある一日の間で、

ノーベル賞を受賞できるほどの勉強をし、

莫大な知識を得ました。

 

 

一方

B君一年間の間、

毎日ずっと勉強をし続け、

偏差値を20上げました。

 

 

 

受験において理想的な受験生になろそうなのは

果たしてA君とB君のどちらだと思いますか?

 

 

正解は・・・

 

B君です。

 

 

 

 

受験勉強において最も大切なことは

「日々の継続」だからです。

 

 

「日々の継続」ができなければ

一日にどんなにすさまじい量の勉強が

できたとしても

 

 

結果的に合格率は低くなります。

 

f:id:mr-bb0914:20170305170649p:plain

 

 

 

 

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

 

あなたは

エビングハウス忘却曲線

というものをご存知ですか?

 

 

このグラフは

一度学習したことが

そのあとのアクションによって

 

どのように変化していくかを

表したグラフになります。

 

 

f:id:mr-bb0914:20170305163737p:plain

 

 

なんと、人間は

一度学習したことを

 

 

20分後には

42%忘れてしまい、

 

 

1時間後には

56%を忘れ

 

 

 

 

 

 

なんと!

一日後には、、

 

74%も忘れてしまうのです。

 

 

 

 

ここから読み取れることは、

人間の脳は、反復学習をしない限り

 

一つの単元を学習することは

 

ほぼ不可能

 

ということです。

 

f:id:mr-bb0914:20170305171003p:plain

 

 

 

 

どれだけ日々の学習が大切は

分かっていただけたと思います。

 

 

 

 

「じゃあ

どうやって子供に日々の学習を

身につけさせればいいの?」

 

 

こんな疑問があなたに浮かんだと思います。

 

 

 

 

ここで、目の記事の内容に戻ります。

 

「一日一日の課題を設定し、

それを日々こなしていく」

 

ということです。

 

 

 

一日一日に課題を設定するのは誰ですか?

お子さん本人です。

 

 

そして、その課題を毎日クリアしていくのは誰ですか?

これもお子さん本人ですね。

 

 

 

つまり、

毎日お子さんは自分で決めた課題を

自分で達成していく

 

という作業を実行することになります。

 

f:id:mr-bb0914:20170305171149p:plain

 

 

 

ここが最も大切な要素になるのです。

 

なぜなら、

人間が自信をつけるためには

 

「達成」という経験が最重要になるからです。

 

 

 

お子さんは、

一日一日の課題を達成していく中で、

 

小さな「達成経験」を積んでいくことになります。

 

 

 

これはつまり、

 

「よし!!

今日もできた。次もできそう!」

 

 

という意識につながっていきます。

 

 

 

 

 

これが日々積み重なり、

 

結果的に

日々の学習

につながるのです。

 

 

 

 

このブログを読み終わったら、

まずはあなたはお子さんに

100円ショップなどで売っている

 

卓上カレンダーを買ってきてください。

 

 

そして、

そのカレンダーに毎日

 

お子さんがその日の課題をクリアしたら

その日の日付に

 

 

お子さんのチェックと

あなたのチェックを

 

 

付けていきましょう。

 

 

 

日々の課題の達成が

視覚的にも二人でいつも確認できるようにするのです。

 

f:id:mr-bb0914:20170305134111p:plain

 

 

 

 

本日は以上になります。

今回は、「日々の学習の大切さ」と

「日々の学習の習慣づけの方法」

 

に関して述べました。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

さあ、今すぐ100円ショップで

卓上カレンダーを買ってきましょう!!